Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

おとなしく見えて混泳不可?ブラックゴーストの飼育と魅力

      2016/04/26

不思議な見た目と泳ぎ方!一部で大人気の魚、ブラックゴースト。

今回はそんなブラックゴーストの飼育の注意点や魅力のお話です。

「おとなしそうに見えるけど、混泳ができない?」

「餌は何を食べるの?」

など、不思議な魚ブラックゴーストにどんどん迫っていきます!

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

ブラックゴーストの魅力

ブラックゴースト。

その名の通り真っ黒な体に、頭部と尾に入った白いラインが特徴的な魚です。

(画像:ブラックゴースト

泳ぎ方もとても独特です。

水中をバックする姿を始めてみた方は、とても驚くのではないでしょうか。

養殖が盛んな魚でもあり、東南アジアなどで増やされたまだ小さい「10センチ」程度のブラックゴーストがよく店頭に並んでいます。

その可愛らしい見た目と、特異な泳ぎ方から、簡単に購入していしまう人がいますが…

 

飼育するときは、一度はちゃんとブラックゴーストについて調べることが大切です。

それはどんな魚にも言えることなのですが、特にブラックゴーストは誤解をされていることが多いので、ちゃんと生態を知らなければならないのです

 

まず、おとなしいという誤解。

彼らは臆病で、物陰に隠れる事を好みますが、実はそう大人しい魚ではありません。

ブラックゴースト同士では追いかけ回し合いますので、混泳は不可。

他種も稀ですが、ヒレをかじられたりしてしまいますので、混泳は推奨できないのです。

攻撃的な性質ではないので、あまり知られていませんが、そういう視点から行くと単独飼育が良い魚でもあるのです。

彼らがおとなしいと言われるのは、似たような体型の魚にしては「おとなしい」ということだと言うことを覚えておきましょう。

 

また彼らは成長は遅いですが、30センチとわりと大きくなる魚でもあります。

そこまで考えて飼育すれば、彼らの魅力を存分に引き出せることでしょう。

水質は弱酸性~中性ですが、あまり古い水だと肌荒れを起こすと言われていますので、水の管理はしっかりとしましょう。

白点病に弱い一面を持ちますので、飼育のし始めなどはとくに注意してください。

 

水換えはできるだけ一度に大量に行わず、水温をしっかりと揃えて足しましょう。

 

人工飼料にも餌付きますが、最初から食べるとは限りません。

その場合は生き餌や冷凍アカムシなどを用いて、痩せてしまわないように注意してください。

基本は夜行性ですから、土管などの隠れ家を用意し、給餌は消灯後にしましょう。

まとめ

本日のお魚、ブラックゴーストどうでしたでしょうか?

彼らは非常に素敵な魅力を持ち、唯一無二の存在なので、昔から愛されてきました。

ただ、飼育にはコツが必要だったり、混泳の相性を考えるのが難しかったりという面があることも忘れてはいけません。

コリドラスなどの低層魚との相性は特に良くないと言われているのは、その性質のせいでしょう。

どんな素敵な魚も、その魅力を引き出すためにはやはり、それ相応の知識が必要になるということです。

ブラックゴースト

学名:Apteronotus albifrons
分布:ベネズエラ、ペルー
全長:30センチ
水温:25℃~28℃
水質:弱酸性~中性

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

 - 一種図鑑・魅力図鑑