Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

アベニーパファーの混泳や餌は難しい?淡水フグのお話

      2016/04/28

可愛らしい容姿で人気のアベニーパファー。

今日は彼らの飼育の注意点をいろいろとお話します。

 

大人気の彼らですが

「グッピーやネオンテトラとの混泳に向いていない」

「意外と餌が難しい」

そんな一面もあるのです。

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

アベニーパファーはどんな魚?

アベニーパファーは、日本に入荷して以来、ずっと高い人気を誇る魚です。

(画像:アベニーパファー

彼らが愛されている理由は、愛らしい見た目や、泳ぎ方

淡水に住むフグの仲間としては3センチと非常に小さいことな

ほんとうに様々です。

そんな彼らは元々はインドやスリランカに住む魚です。

アベニーパファーの難しさ

人気者の彼ら、実は少し飼育にコツが必要な魚でもあります。

まず、彼らは小さいとはいえ、なんだかんだフグなので他の魚を齧る可能性があるということです。

もちろん、そのほかの魚には「自分以外のアベニーパファー」も含まれています。

 

穏やかな泳ぎ方をしているので、おとなしいと誤解されがちですが、彼らは実は気の強い魚なのですね。

 

なのでネオンテトラのようなおとなしい魚、そしてグッピーのようはひらひらとしたヒレをもつ魚とは混泳にリスクを伴ってしまうのですね。

フグとしては温和なので、水草が多く植えてあり、水槽サイズが大きいなど飼育スペースにゆとりがあれば問題ないこともあるのですが、100%安全とは言い切れません。

ミナミヌマエビなどの小型のエビは、アベニーパファーからすると大好物でしかないので、混泳はできません。

 

それに加え、彼らは人工飼料に餌付きにくく、食べてくれない場合は冷凍アカムシやイトメなどを与えていかなければいけないこともしっかりと覚えておきましょう。

一度痩せてしまったアベニーパファーは、体調を回復させるのが難しいので、とても重要なポイントです。

他にも白点病に弱いという面をもっていますので、飼育には十分な配慮が必要です。

アベニーパファーの飼育

アベニーパファーは、一度落ち着いてしまえば比較的丈夫な魚ですので、初心者の方でもじゅうぶんに飼育ができます。

ある程度の水量がある小型の水槽で、単独で飼育すると良いかもしれません。

 

水換えの際は、温度差を出さないように静かに行いましょう。

温度差は、白点病の原因にもなるので本当に注意が必要なのです。

 

餌の問題は、入手と保管のし易い冷凍アカムシを中心にすると、いくぶんか簡単になります。

(画像:アベニーパファー

ショップで購入する際、何を食べていたアベニーパファーなのかということを聞いておくと、飼育開始の段階でも安心できます。

補足:淡水フグは色々いる アカメフグなど

淡水に暮らすフグは意外と多く、アカメフグなどが知られています。

 

ただ、アカメフグと呼ばれるのは、淡水性でない魚もいるので注意が必要です。

 

フグは、海水にかぎらず意外といろいろな環境で暮らす魚なのです。

 

当然ながらそれぞれに性質や、好む環境がありますので、あたらしい種類に手を出すときはしっかりと下調べをしてからにしましょう。

まとめ

本日のお話どうでしたでしょうか。

アベニーパファーのように、愛らしい容姿で人気があるけれど、実は飼育に知識や配慮が必要という魚は、意外と多いものです。

それを知らずに自宅の混泳水槽に加えてしまうと、大変なことになってしまうのです。

どんな魚も飼育前にその性質を調べて、自宅の環境で飼育可能なのかを考えておくと良いでしょう。

素敵な魚であるアベニーパファー。

単独飼育でもじゅうぶんに楽しませてくれる魚でもあります。

成功させたい初めての混泳水槽作り リンク集

初心者でも混泳が成功しやすい魚の種類や購入方法と選び方
こんな魚は要注意?混泳を気をつけたい魚や混泳水槽のための水草選び
混泳水槽はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
混泳水槽のエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - 一種図鑑・魅力図鑑