Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

エンゼルフィッシュは凶暴?混泳のネオンテトラが餌に?

      2016/04/27

「エンゼルフィッシュが混泳相手のネオンテトラを食べてしまった!」

大人気のエンゼルフィッシュ。

今日は彼らのちょっと変わったお話を紹介していきます。

エンゼルフィッシュに関する雑学、一つづつ見て、あなたの飼育の参考にしてみてください。

エンゼルフィッシュのヒレがかじられた!?

エンゼルフィッシュの長いヒレ。

あれは特定の魚からすると、ついかじってしまいたくなるもののようです。

(画像:エンゼルフィッシュ

特に泳ぎが速いわけでもなく、ひらひらと目の前で揺らぐヒレ。

それに思わず食いついてしまうのですね。

有名な魚はスマトラ。

とてもポピュラーで、人気の高いスマトラですが、彼らはヒレをかじりやすい魚なので混泳には注意をしておきましょう。

エンゼルフィッシュがネオンテトラ食べちゃう?

「ずっと仲良く一緒に泳いでいたネオンテトラとエンゼルフィッシュ」
「ある日見たらエンゼルフィッシュがネオンテトラを食べていました…」

こんな場面に出会い驚いてしまう初心者さんは、実は多いものです。

でも、これはちょっとした勘違いから来てしまうことなのですね。

まずネオンテトラとエンゼルフィッシュ。

彼らは仲良しではありません。

(画像:エンゼルフィッシュ

水槽という限られた空間なので、一緒にいるだけなのです。

そしてエンゼルフィッシュは意外と肉食傾向が強い魚です。

大きく成長したエンゼルフィッシュは、ネオンテトラ…だけでなく口に入るサイズの魚は、喜んで食べてしまうものなのです。

エンゼルフィッシュは浅い水槽で飼うのは厳禁!

小さいサイズでも販売されていることの多い、エンゼルフィッシュ。

彼らは浅い水槽で飼育してはいけません。

例えば水深20センチ。

これは、人によっては浅く感じないかもしれませんが、彼らにとっては「異常に浅い」水深となるので覚えておいてあげなければいけません。

エンゼルフィッシュは比較的大きくなり、長いヒレを持ちます。

だからこそ、高さにゆとりがないと、ヒレを引きずってしまうのですね。

そうならないように彼らは水深のしっかり確保された水槽を選ぶ必要があるのです。

基本は水深30センチ以上あれば大丈夫なのですが、エンゼルフィッシュの種類によっては、水深30センチでも浅い場合があることを頭に入れておきましょう。

エンゼルフィッシュは全部簡単?

飼いやすいじょうぶな魚として紹介されることの多い、エンゼルフィッシュ。

確かにほとんどのエンゼルフィッシュは、ほんとうにじょうぶで飼いやすい魚なのですが、全てがそういうわけではないのです。

中には非常に飼育が難しいエンゼルフィッシュも存在するのです。

そんな、難しいと言われるエンゼルフィッシュの代表のような存在、それがアルタムエンゼルです。

彼らは他のエンゼルフィッシュと同じような感覚で飼育すると、簡単に死んでしまうことで有名です。

「アルタムエンゼルは、アルタムエンゼルに強いプロがしっかりとトリートメントしたものを購入しよう」

と言われているくらいの難易度の高い魚なのです。

お店側でしっかりとトリートメントされ、適切な環境で飼う。

アルタムエンゼルは、そんな気遣いが必要とされる魚なのですね。

価格もだいぶ違うので、他のエンゼルフィッシュと間違って購入することはまずありあませんが、知識として覚えておきましょう。

アルタムエンゼルは本当に美しい魚で、サイズも大きくなります。

しっかりとした技術のもと育て上げられたアルタムエンゼルは、驚くような存在感を持つ魚なので、機会があれば一度見てみてください。

まとめ

本日のお話、どうでしたでしょうか?

世の中にはエンゼルフィッシュのように、いろいろな顔をもった魚が沢山います。

その一つ一つが、彼の個性であり、魅力です。

あなたの飼っている魚も、じっくりと観察してみると意外な姿を見せてくれるかもしれませんよ。

 - ネオンテトラ・小型カラシン, 魚飼育の知識