Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

綺麗な卵生メダカ!アフリカンランプアイの魅力と飼育!

      2016/04/27

アフリカンランプアイという魚をご存知でしょうか。

彼らはアフリカに住む「メダカ」の仲間です。

今日はそんな小さな美種、アフリカンランプアイを紹介します。

(画像:アフリカンランプアイ

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

アフリカンランプアイはどんな魚?

アフリカンランプアイは、アフリカのシエラレオネやナイジェリア、カメルーンに生息するというメダカの仲間です。

ランプアイと呼ばれる理由ともなった、その青い目の輝きは非常に美しく、群泳させると素晴らしい清涼感を味わえます。

やや暗めの水槽でレイアウトすると良く映えるでしょう。

最近のLEDライトの明かりにもよく反射しますので、実際の水槽のサイズより、一回り小さいライトをスポット的に用いてみても良いかもしれません。

アフリカンランプアイを飼育する

彼らの飼育はネオンテトラのような一般的な小型魚とほとんどかわりません。

ただ、彼らは小型魚の中ではデリケートで、水質の変化に敏感なところがあります。

輸送のダメージにも弱いところがありますので、購入するときは入荷直後ではなく、少しの期間お店にストックされた個体を狙うと良いでしょう。

アフリカンランプアイを水槽に導入するときは、できるだけ慎重に水合わせを行ってください。

水合わせをしないで水槽へ投入したり、雑な水合わせをすると底から調子を崩してしまうかもしれません。

一匹病気になると、そこからバタバタと続くように数を減らしてしまうので、じゅうぶん気をつけます。

 

水換えの時も、静かに水を足し、急激な変化を抑えるようにします。

水質の変化が不安定な水槽立ち上げ直後には、あまりおすすめできる魚ではないということも合わせて覚えておきましょう。

ある程度落ち着いてしまえば、比較的強く、人工飼料にも餌付きやすいので初心者でも飼育しやすくなります。

逆を言えば、落ち着けるまでが勝負な魚でもあるということです。

 

温和なので、混泳も可能ですが、彼らはとても小さいため逆に攻撃を受けないかを考えておかなければなりません。

同じような小型魚だとしても、動きの速い魚はストレスになる可能性がありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

若いうちはとてもシンプルな見た目ですが、オスが成熟すると、ヒレが長く伸び黄色く染まるという驚くような変化を見せてくれます。

水槽内での繁殖例も多く、うまく飼育すれば長く楽しめる魚です。

まとめ

本日のお魚、アフリカンランプアイ。

単種でまとめて泳がせると、本当に幻想的で美しい魚です。

ランプアイだけでなく、アフリカには素晴らしい姿や生態を持つメダカの仲間がたくさんいるものです。

彼らをきっかけに、一度アフリカのメダカの世界を覗いてみてはどうでしょうか?

アフリカンランプアイ
学名:Aplocheilichthys normani
分布:シエラレオネ、ナイジェリア、カメルーン
全長:3センチ
水温:25℃~27℃
水質:弱酸性~中性

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

 - 一種図鑑・魅力図鑑