Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

初めてのディスカス飼育:その1◆種類に飼育の基礎知識

   

熱帯魚の王様、ディスカス。こちらはその飼育や繁殖をしてみたい方に向けて書いた記事になります。

どんな水槽が必要で、どんな濾過器が適しているのか。

ワイルドものと改良品種の違いとは、いろいろな視点からディスカスを紹介していきます。

ディスカスってどんな魚?

ディスカスは、シクリッドとよばれる魚の一つです。

平らな円盤のような体から、ディスカス(円盤)と名付けられました。

(画像:ディスカス

彼らは南米に暮らす魚で、とても美しいだけでなく独特の生体、豊かな表情、優雅な泳ぎ方などから、多くの人に愛されてきました。

また改良品種もおおく作出されており、コレクション性の高い存在でもあります。

近年では、安価なディスカスも見かけるようになりましたが、かつては高額な魚でした。

長年アクアリウムを楽しまれてきた方の中には、ディスカスというものに憧れていた人も多いのではないでしょうか。

本日はそんなディスカスについて、いろいろお話させていただこうと思います。

知っておくべきディスカスの種類

ディスカスには、とても多くの種類があります。

まず知っておきたい種類については

ワイルドと改良品種です。

(画像:ワイルドものディスカス

ワイルドとは、そのまま「野生」で生活していたもの、もしくはその種類になります。

これらは水質にもうるさい場合があり、飼育難易度の差も激しいです。

特に、自然下で採取されたものは、入荷状態やストック状態、産地などでも左右されますので、それ相応の知識がない場合は上手く飼育できないこともあります。

人間の手元で繁殖されたものであれば、ある程度順応性もあるのですが、やはり簡単に行かないものも存在します。

 

そのワイルドにくらべ、改良品種は人間と暮らしてきた歴史が長く、基本的には飼育がいくぶんが容易になります。

もちろんこちらも、品種や入荷状態などにより左右されるのですが、現地で採取され送られてきたワイルドものに比べると、安定はしています。

このようにディスカスは、そのディスカスが「どのようなディスカスであるか」ということを気にしなければならないのです。

全てのディスカスがおなじ感覚で飼育できるとは限らない。

そう覚えておきましょう。

▼参考記事
>>ワイルド物はなぜ高い?ディスカスにベタ?ミナミヌマエビ?

ディスカスの飼育

ディスカスの飼育は難易度が高い。

そんなイメージを持っている方は多いと思います。

ですが、ディスカスは上記したような一部の種類を除けば、そこまで難しい魚ではなかったりします。

 

いくつかのポイントを抑えれば、初心者でもディスカスを飼育することは可能です。

まず、彼らはある程度のサイズになる魚ですので、それなりな設備が必要になります。

(画像:上部ろ過の使いやすい枠あり60ワイド

感覚的には、1ペアであれば60ワイド水槽(60✕45✕45)くらいはほしいものです。

実際に成魚を見てみるとわかりますが、通常の60センチ規格水槽(60✕30✕36)はペアを収容するには狭いと感じます。

水槽選びは「水深」に注目して選択すると成功しやすいです。

彼らは水深が浅い水槽で飼育するには適さない魚なのです。

水質は中性~弱酸性ですが、種類によっては特定の水質を好むということを覚えておきましょう。

▼参考記事
>>pHペーハーって何?弱酸性?アルカリ性?初心者の知りたい水質の話

(画像:ディスカスハンバーグ

また彼らのエサに「ディスカスハンバーグ」という専用エサを用いるのであれば、水が酷く汚れますのでベアタンク(底床を敷かない)にするなどして、掃除のしやすさを重視すると良いでしょう。

▼参考記事
>>ディスカス?アロワナ?ベタ?ベアタンクという飼育スタイルに学ぶ

そうでなくとも、体格のある魚ですので、水は汚れやすいということは覚えておきましょう。

 

水草水槽やレイアウト水槽でディスカスを飼育するのは、たしかに見応えがありますが、水草とディスカス、双方を維持する技術が最低限必要ですので、良く考えてから実行しましょう。

 

濾過器はメンテナンスのしやすさを重視し、上部ろ過を用いる人が多いと思います。

 

▼参考記事
>>掃除も管理もしやすい!初心者の方が覚えたい上部フィルターの使い方

上部ろ過では一番上に物理的な汚れをとるためにウールマットを敷き、こまめに交換するなどの「ゴミ対策」をすると良いでしょう。

ストレーナースポンを用いる場合は、目詰まりに注意し、まめに手入れするのが大切となります。

濾過器や濾材の選び方は、人それぞれですが、ディスカス飼育を意識したセッティングというものを一度考えてみると良いでしょう。

かつて私がディスカスを飼育していた時のセッティングは、上部濾過器に耐久性の高いリングろ材、その上にウールマットというシンプルなものでした。

 

それともう一つ、彼らの飼育で気をつけなければならないことがあります。

ディスカスはシクリッドの仲間ですので、縄張り争いや喧嘩をするということです。

繁殖を考える場合はペア、そうでない場合はディスカスは単独にしておくと良いでしょう。

そのあたりはこの後にお話する、混泳の話も参考にしてみてください。

>>ディスカス飼育:その2へ続く

 - 一種図鑑・魅力図鑑