Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

クーリーローチの寿命に病気!繁殖例?エビとの相性に値段等

   

今回は以前も紹介した魚である、クーリーローチについてもう少し深くお話をします。

寿命や病気の話、繁殖例やエビとの相性に値段まで…

いろいろと見ていってみましょう。

基本的な飼育の話については、以下の記事を参照してください。

▼クーリーローチの飼い方と魅力
>>小さな混泳向きドジョウ、クーリーローチの飼育と餌

クーリーローチの寿命や病気

クーリーローチは小型の魚としては、かなり眺めの寿命を持ちます。

(画像:クーリーローチ

何歳ごろのクーリーローチを入手したかにもよりますが、長ければ10年近く生きることもあります。

彼らは、そこまで弱い魚ではありませんので、病気にかかりにくいのですが、やはり低層魚。

底砂の汚れを原因とした病気にはなりやすいので注意してください。

また以前の記事でも書いたとおり、体を傷つけるような尖った砂などは適していませんので覚えておきましょう。

砂をマメに掃除する、底床を薄く敷くなどが、病気の予防につながります。

水槽の隅のゴミがたまりやすい所があるなら、水換えの時についでに吸い出すようにしたりすると良いでしょう。

クーリーローチの繁殖は難しい?

クーリーローチはメジャーな魚ではあるものの、水槽内での繁殖例が殆ど知られていない魚です。

彼らの繁殖条件はいまだ謎が多く、今後の発表が期待される種類でもあるのです。

クーリーローチの購入と価格

クーリーローチは比較的いろいろな熱帯魚ショップで見かける魚ですので、入手に悩むことは少ないでしょう。

ただ、状態の悪いこともありますので、購入時はしっかりと確認するようにしましょう。

特徴的な模様をもつクーリーローチは個体差も激しく、コレクション性も高いものです。

ただ、お店によっては安価な魚の選別(指定して買うこと)を禁止している場所もありますので注意が必要です。(その場合は注意書きがあると思います)

価格は数百円。

そこまで高い魚ではありません。

どちらかというと、値段がどれだけ安いかというより、状態の善し悪しを優先したい魚であることを覚えておきましょう。

 

購入したクーリーローチはできるだけ早く家に持ち帰ります。

夏場などは水温の上昇に注意してください。

また、意外かもしれませんが彼らは水合わせ中に飛び出し事故をおこしやすい魚でもあります。

飼育を開始してからもちょっとした隙間から飛び出したりもしてしまいますので、注意深く観察しましょう。

クーリーローチとエビとの相性

(画像:クーリーローチ

クーリーローチは基本的におとなしい魚ですので、混泳の相性が悪いことはなかなかありません。

ただ、慣れてくると意外と激しく餌に集まりますので、エビの繁殖を考えている水槽では、避けておいたほうが無難です。

隠れる性質から、エビと生活圏がぶつかりやすいところも考慮してください。

ヤマトヌマエビや、大人のミナミヌマエビであれば問題はありませんが、小さな稚エビは口に入れば食べられてしまうことは覚えておきましょう。

ただ、捕食される可能性はそこまで高くはないので、完全にダメだというわけではありません。

 

混泳は、水槽のサイズ、環境…そのような様々な要素を意識して考えていきましょう。

 

ただ、スジエビやテナガエビのような魚食性のあるエビですと、逆にクーリーローチが危険ですので、混泳はさせないようにしましょう。

まとめ

本日の記事はクーリーローチの第二回目となります。

彼らは本当に愛嬌のある魚で、複数匹飼育すると、一箇所に集まったり可愛らしい姿が見れるでしょう。

寿命も長いわりに、そこまで大型化しないので大きな水槽でなくとも楽しむことができます。

初心者でも飼いやすい、素敵な魚クーリーローチ。

ショップなどで見かけたら、じっくりとその動きを堪能してみてください。

 

▼クーリーローチの飼い方と魅力
>>小さな混泳向きドジョウ、クーリーローチの飼育と餌

 - 一種図鑑・魅力図鑑