Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

販売購入の白メダカの飼い方の注意!病気や水温、産卵に混泳

   

販売されているメダカを購入したけど、うまくいかない。

今日はそんな方に、白メダカを例に「病気や水温、たまごや混泳」の問題についてお話していきます。

あなたのメダカ飼育の参考にしてみてください。

販売されている白メダカの病気

近年はメダカブームとも言える状況で、様々な場所でメダカが販売されています。

様々な色彩のメダカたち。

その扱い方は、どの店舗も同じだとはいえません。

中には知識や技術のない状態で、ただ入荷して販売してるだけということもあるのです。

特に、嫌な話ですが白メダカのような、安価な品種は扱いの悪い場合も多いです。

そういう場合は、病気を発症していたり弱っていることもあるという事実は、しっかりと頭に入れて選びましょう。

信頼性の高いお店を選ぶのは、観賞魚の飼育でとても大切なことなのです。

白メダカを混泳したら他のメダカが死んだ

前途したような、病気を持った個体を自宅の水槽に導入すると、以前から生きていたメダカたちが感染し、死んでいってしまうことがあります。

可能であれば新しい個体はいきなり一緒にせず、別の容器で一定期間飼育するようにしてください。

白メダカの卵

(画像:白メダカ

お店から買ってきた白メダカがいきなり産卵することは良くあります。

特にこの季節のメダカは繁殖力が旺盛なので、購入翌日でも卵を生む場合があります。

繁殖狙いで卵を隔離したい方は、導入した直後からしっかりと観察しておきましょう。

水温の問題

今の季節は水温差が大きく、導入の際は注意する必要があります。

例えば屋外の睡蓮鉢やビオトープ。

これは日の当たり具合で、かなりの温度の違いが出ます。

そのようなことを考慮して、水合わせなどを慎重に行う必要があるのです。

メダカは、環境に馴染んでしまえば、強い生き物ですが、慣れるまでは弱い一面もありますので、そのような考慮が必要です。

白メダカの販売 通販の場合

白メダカを入手する手段の中の一つに「通信販売」があります。

この時は必ずまず「お店の注書き」をしっかりと読んでください。

死着保証や、輸送方法、受け取り時間の指定などを見ておかないと思わぬ落とし穴がある時があります。

(画像:白メダカ

多くのショップでは問題無いですが、オークションなどの個人販売だと保証などが聞かないこともありますし、知識のない方が出品していることもあるのです。
※優良な個人出品者さんも存在します。

輸送する事自体が、メダカに負担のかかることですので、そのあたりはしっかりと意識しておきましょう。

まとめ

本日のお話は、多くの魚種に共通する注意点でした。

白メダカのようなメジャー種、言い方は悪いですが価格の安い魚ほど、良い扱いを受けていないことがあります。

導入時はどんな魚も弱さを見せる可能性のあるもの。

できることなら、安心できるお店で購入したいものです。

もちろん、お店の問題だけなく、受け取り側の準備も大切です。

水槽、水、餌の知識など、メダカの飼育についてできるだけ勉強をしておきましょう。

いざ飼育し始めると意外とイメージ通りにいかないこともあるのが生き物です。

日々の観察を大切に、しっかりと楽しんでください。

 - メダカ