Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

貝の飼育繁殖!タニシとカワニナ、レッドラムズホーンの違い

   

本日の魅力図鑑は番外編、主役は「貝」です。

タニシ(ヒメタニシ)カワニナ、レッドラムズホーン…

その飼育繁殖や違いなど、いろいろな話を紹介していきます。

普段あまり気にしたことのない人も、貝の世界ちょっとだけ覗いてみましょう。

タニシ?ヒメタニシ?

「タニシ」とはタニシ科に属する巻き貝の総称です。

(画像:ヒメタニシ

日本には

  • マルタニシ
  • オオタニシ
  • ヒメタニシ
  • ナガタニシ

という4種類が生息しています。

タニシと言うと、この全てが入ってしまうということを覚えておきましょう。

また、タニシに似ているというる理由で、タニシ科ではないのに「タニシ」と名前が付いているものもいます。

ジャンボタニシと言われているのは「外来種」であり「スクミリンゴガイ」というリンゴガイ科の貝だということを覚えておくとよいでしょう。

ジャンボタニシはヒメタニシなどと同じような感覚で飼育すると水草をしっかりと食べられますので注意してください。

ヒメタニシの飼育繁殖

よく飼育されるタニシとしては、ヒメタニシが知られています。

彼らは水質の浄化に役立つことから、環境を安定させる目的で屋外のメダカ飼育鉢などにいれられていますね。

ヒメタニシは屋外であれば基本的にメダカが維持できる環境であれば飼育できます。

水槽でする場合は、極端なpHの低下に注意しておきましょう。

▼pHってなに?
>>pHペーハーって何?弱酸性?アルカリ性?初心者の知りたい水質の話

水草を食害する場合もありますので、水槽内で飼育する場合はよく考えてからにしましょう。
※そこまで極端な食害は少ないようです。

繁殖はオスメスを一緒に飼育しておけば、自然と起きるものです。

ヒメタニシは卵胎生と呼ばれ、卵ではなく小さなタニシをそのままの形で生み出すので、見ているととてもおもしろいのではないでしょうか。

タニシとカワニナの違い

(画像:カワニナ

タニシとよく同じように考えられる貝に「カワニナ」がいます。

彼らも雌雄異体(オスメスが別)であり、似ている点も多いのですが、おなじ感覚で飼うと失敗します。

飼育難易度で言えば、カワニナのほうが遥かに高いのです。

これは生息地の違いを見てみるとよくわかります。

単純に言えば、カワニナは、タニシよりも綺麗なところに住んでいる。

極端な言い方をすれば、カワニナはタニシに比べ生きていける環境の範囲が狭いのです。

カワニナはホタルの幼虫の餌として知られていますが、その数は年々減少しているのです。

飼育する場合は、溶存酸素量(水の中に溶け込む酸素)を増やすために、大きめの水槽でエアレーションなどをして飼育しましょう。

またタニシに比べ、高水温に弱いということも頭に入れておくと良いでしょう。

レッドラムズホーン

(画像:レッドラムズホーン

レッドラムズホーンは今までお話した貝とは違い、日本の貝ではありません。

彼らはインドヒラマキガイのアルビノ種なのです。

▼アルビノって?
>>色素がない?色彩変異?白い身体に赤い目…アルビノ観賞魚の世界

彼らはカワニナやタニシなどの雌雄異体の貝とは違い、雌雄同体ですので、オスメスにこだわらず二匹飼育しておけば繁殖をしていきます。

ただそのペースがなかなかはやいこともあり、水槽内がレッドラムズホーンだらけにということもよくあるので、考えた上で導入しましょう。

低温耐性があるので、地域によっては屋外でも飼育可能ですが、帰化してしまう危険などを考えると室内のとどめておくほうが良いかもしれません。

増えすぎたものを絶対に屋外に放さないようにしましょう。

まとめ

本日は、貝という生き物に少しスポットをあててみました。

日本に生息するものから、海外からもちこまれたもの、ナガタニシのように「琵琶湖のみ」で暮らしているものなど、など様々なものが存在します。

そんな彼らに目を向けると、いろいろなことが見えてくるでしょう。

不思議な魅力を持ち、アクアリストの興味を惹きつけることもある貝。

その飼育は、思いの外深いもので、飽きないものなのです。

 - 一種図鑑・魅力図鑑, 日本の淡水魚・金魚