Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

熱帯魚魅力図鑑:番外編!コケとり最強ヤマトヌマエビの飼育

   

今回の熱帯魚魅力図鑑は番外編。コケとり能力が高いことで大人気のヤマトヌマエビのお話です。

熱帯でも、魚でもありませんが、水草水槽で大活躍する彼らは昔からアクアリウムの世界では人気者でした。

今回はそんなヤマトヌマエビの魅力をしっかりと紹介させていただきます。

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

ヤマトヌマエビの魅力

ヤマトヌマエビ、彼らの魅力はたくさんありますが、まず紹介しなければいけないのはそのコケとり能力でしょうか。

ミナミヌマエビやチェリーシュリンプに比べても、圧倒的なコケとり能力。

(画像:ヤマトヌマエビ

▼こっちのエビも魅力的!
>>初心者の方必見!ミナミヌマエビの飼育方法まとめ
>>参考はミナミヌマエビ?レッドチェリーシュリンプの飼い方を調べよう

水草水槽や流木の多い水槽では欠かせない存在だと言われるレベルでもあります。

ヤマトヌマエビとオトシンクルス。

これが苔抑制のために水槽にいれる定番の生体ですね。

▼オトシンクルスについて学ぼう!
>>コケ取り生体?餓死?弱い?人気の小型魚オトシンクルスの飼育の注意

 

一つ注意したいのは、コケ取り能力が高いということは餌をよく食べるということ。

フンの量が多いので、明るい色の砂の場合は景観を逆に乱してしまうこともあるのです。

活発なので、コリドラスなどの餌をもったまま逃げることも。

そのアクティブさもある意味では魅力の一つですので、諦めて楽しんでみましょう。

餌をやるときに、大きなものは割って与えれば、その中の一つをヤマトヌマエビは持ち去るだけなので、意外と問題にはなりません。

(画像:ヤマトヌマエビ

そしもう一つの魅力、それは「増えないこと」

彼らの繁殖は「汽水」が必要なので、純淡水である飼育下では増えないのです。

なぜこれがメリットかというと、管理がしやすいからです。

ミナミヌマエビなどは水槽内で繁殖しますので、小さな稚エビが掃除の時にどうしても邪魔になってしまうことがあるのですね。

ホースで勢い良く、汚れと水を排水したい。

そう考えている方には、数が把握できるということは非常にありがたいことでもあるのです。

 

それともう一つ、彼らは非常に寿命の長いエビでもあります。

数年間生きることなど珍しいことではありませんので、長く楽しめるのです。

ただ、高水温にはやや弱く、夏場に死んでしまうこともあるので気をつけてください。

 

個人的な感想ですが、高水温に対する耐性は、ミナミヌマエビのほうが強いような気もします。

 

そして最後に、忘れてはいけない魅力を紹介します。

それはプロポーションの良さ。

透明度の高い体を形作る、シャープな輪郭。

水槽内を縦横無尽に走り回る様は見ていて飽きません。

静と動、どちらの魅力も持った素晴らしいエビです。

まとめ

本日の主役のヤマトヌマエビ、彼らは比較的どこでも手に入るエビです。

そんな彼らの魅力を見るためには、ある程度余裕のある水槽で飼育するとよいでしょう。

また、彼らは低めのpHは苦手ですので、そのような水槽にはいれないようにしておきましょう。

▼pHってなに?
>>pHペーハーって何?弱酸性?アルカリ性?初心者の知りたい水質の話

ヤマトヌマエビだからこその活発さ。

これはなかなか他のエビにはないものです。

ぜひあなたも彼らの素晴らしさを水槽で味わってみてください。

ヤマトヌマエビ
学名:Caridina multidentata
分布:日本、台湾など
全長:6センチ
水温:20℃~26℃
水質:中性~弱アルカリ性

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

 - 淡水小型エビ