Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ブラックファントムテトラ、飼育しやすく存在感抜群の小型魚

   

初心者でも飼いやすいテトラの紹介です。

今回は「ブラックファントムテトラ」
おとなしく、価格も手頃なのに、とても見栄えがする。

そんな素敵なテトラの紹介です。

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

小型のテトラの仲間はたくさん

ネオンテトラにカージナルテトラ。

初心者にも飼いやすい種類が多い「小型のテトラ」は実にたくさんの種類が流通しています。

中には、水質にデリケートで高額な、初心者さんではとても飼育できないような難易度の高いものもいます。

目移りしてしまう、小型テトラの仲間たち。

今回の主役はそんな中の一匹です。

ブラックファントムテトラの魅力

ブラックファントムテトラは、なんともいえない「黒の美しさ」をもった魚です。

(画像:ブラックファントムテトラ

体高のあるからだの前半よりの中央あたりにはいる、黒い一つ目模様。

その両側を主張し過ぎないメタリックがはさむ。

大きく伸びる背びれと体の後半は黒色に染まり、実に見事な存在感を出すブラックファントムテトラ。

顔つきも見事で、小さいながらもいかつい魅力。

上品さと、迫力が同時に存在する、そんなテトラです。

 

それで成長したところで約5センチほどと小さいので、いろいろな水槽で飼育が可能な素晴らしい魚だと言えるでしょう。

飼い込めば飼いこむほどその魅力は増し、熟成した個体などは、とても数百円で取引される魚には見えないものです。

 

性質は基本的に強健。

アルカリ性にさえ傾かなければ、ある程度いろいろな水質へと対応してくれますので、混泳水槽にもぴったりです。

性質は温和、攻撃的な面はあまり見せない魚です。

普段はどちらかと言うと、水中に停滞するようなおだやかな面を見せるブラックファントムテトラ。

餌への反応はテトラらしく、俊敏なので、幅の広い泳ぎを見せてくれるのです。

(画像:ブラックファントムテトラ

また、オスメスの差がわかりやすいことでも知られ、オス単独、オスメス混在の水槽を作りやすいことでも知られています。

メスはヒレが大きくならず、一部に赤みが見られるので、少し観察すると初心者さんでもわりと簡単に判別ができるでしょう。

オスは、3センチ程度の、わりと小さな頃から、立派な「ヒレ」を見せてくれますので長く楽しめる魚です。

餌は他の一般的なテトラ同様、人工飼料に用意に餌付きますので、苦労が少なくて住みます。(一部の小型のテトラはなかなか人工飼料を食べないものもいるのです)

まとめ

ブラックファントムテトラは、しっかりと黒く、迫力も十分な小型魚です。

流通量も多いので、比較的安価に入手できるのも特徴の一つです。

このようなしっかりと黒いテトラ、探してみるとなかなか見つからないものです。

色彩の豊かな魚の中に彼らがいると、逆に目立ち、良い意味でひきしめてくれるでしょう。

そんなブラックファントムテトラをあなたの混泳水槽の候補として、一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

ブラックファントムテトラ
学名: Hyphessobrycon megalopterus
分布:ブラジル
全長:5センチ
水温:25℃~28℃
水質:弱酸性~中性

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

 - ネオンテトラ・小型カラシン, 一種図鑑・魅力図鑑