Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

熱帯魚魅力図鑑:コリドラス・プルケールの魅力と飼育

      2016/07/27

憧れの大きなコリドラス。

今回はそんな、大きく育つコリドラス「プルケール」を紹介します。

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

熱帯魚魅力図鑑

こんにちは、当サイトライターの魚谷です。

熱帯魚魅力図鑑は私が、大好きな魚を私的な目線で語らせていただくというシリーズです。

(画像:コリドラス・プルケール

今回の主役はコリドラス・プルケール(Corydoras pulcher)

本当に大好きでたまらないコリドラスです。

では、ここからプルケールの魅力を私と一緒に見ていきましょう。

コリドラス・プルケールの魅力

コリドラス・プルケールは、成長すると10センチをこえるやや大型のコリドラスです。

ブラジルのプルス川に生息するコリドラスですね。

彼らの魅力はたくさんありますので順番に紹介していきましょう。

まず、背びれ。

白く走る、骨のような印象すらある白いライン。

背びれの長くなるタイプのコリドラスはたくさんいますが、プルケールは大きな魚なので、かなり迫力があります。

色彩も美しく、大理石のようななめらかさのある肌色に淡くのるメタリックは何時間見ていても飽きません。

 

ウロコの造形も目立ちますので泳ぎ姿も、とても美しいです。

彼らは個体差が大きいので、いろいろと見比べて自分のお気に入りを探してみると良いでしょう。

 

コリドラスとしてはセミロングと言われるタイプである彼ら。

性質は温和なので、基本的に混泳は簡単にできます。

よほど小さなコリドラスでなければ、スペースさえ確保すれば問題もおきません。

ただ、12センチのコリドラスは、体の作りもありかなり重量感のある生き物です。

そんな彼らを飼育するには、遊泳スペースにゆとりをもっておく必要があるでしょう。

コリドラスの仲間は、低層をすみかとしますので、あまりレイアウト素材を複雑にしてしまうと、すぐに生活圏が狭くなってしまうのです。

底床に汚れをためて調子を崩させないためにも、掃除のし易いシンプルなレイアウトを心がけましょう。

▼コリドラスの飼育を学ぼう!
>>初心者の方必見!コリドラスの飼育方法まとめ

コリドラス・プルケールは、常に流通するコリドラスではありません。

基本的にはワイルド個体なので、入荷の波があるわけです。

一度購入を見送ると、次に出会うまで期間がかかる。そういう魚でもあるのです。

まとめ

プルケールのような大きなコリドラス。

その存在は、水槽内でもひときわ目立つものになります。

でも、大きくてもコリドラス。

愛らしい動きは小さなコリドラスたちとかわりません。

低層を餌を探してせわしなく動きまわる。

それは実に可愛い姿ですね。

コリドラスは非常に種類の多い魚です。

熱帯魚屋さんに遊びに行った時は、どんなコリドラスがいるか水槽を隅々まで除いてみましょう。

コリドラス・プルケール
学名:Corydoras pulcher
分布:ブラジル プルス川
全長:12センチ
水温:25℃~27℃
水質:弱酸性~中性

▼過去の記事を読む
>>熱帯魚魅力図鑑 一覧へ

 - コリドラス, 一種図鑑・魅力図鑑