Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

質問返信:グッピーのメスの出仔、産卵箱の期間の考え方について

   

こんにちは、今回はコメントにていただきました質問の返信が長くなりそうでしたので、記事をひとつ利用して書かせていただこうと思います。

 

グッピーの産仔、産卵箱のりようなどについての質問です。

グッピーの出仔についての質問

今回頂いた質問は

先日グッピーのメスが出産したのですが、親のお腹がまだ大きくて・・・
何日かに分けて出産するのでしょうか?
産卵箱で様子を見ているのですが・・・水槽に戻しても良いのか悩み中です。
何かアドバイスが有れば、お願いします。

という内容です。

 

質問ありがとうございました。

微力ながら、私の分かる範囲で答えさせていただこうと思います。

質問返信:グッピーと産卵箱

早速ですがグッピーは個体によっては数日間かけて何匹かの仔を産むことがあります。

なので、質問者さんの言うとおり、しばらくそのまま様子を見てみてみるというのも一つの手段です。

ただあまり長期間産卵箱に入れておくのも、産卵箱という容器の狭さなどから考えると良くないという部分もあります。

通常多くの飼育者さんはそのあたりの事をふまえ、産卵箱に入れる期間を合計で3~4日以内におさめることが多いように思います。

少し長い期間様子を見たい時は、大きめの産卵箱を用いたりすると安心感が増します。

 

 

産卵箱の中は、想像以上に通水が悪く環境が悪化しやすいです。

なので

  • 産卵箱の中は通水が悪いので、中の水をサイズのあるスポイト(GEXのクリーナースポイトなど)で「糞掃除を兼ねて吸い出し水換え」

と言うような方法で水質維持を考えてください。

産卵箱内に水流が起きるようにフィルターをつける方法もありますが、あまり水流が強いと、メスの逃げ場がなくなり体力をムダに浪費しますのであまりおすすめはできません。

特にグッピーはあまり水流に強い魚ではありませんので。

 

他にも、メスが落ち着けない様子であれば

  • 産卵箱の真上に照明がある場合、少しずらして明るすぎない環境を作る
  • 水面に浮草や、清潔な発泡スチロール板を浮かべるなどして暗がりを作る※水面全部を塞いでしまうのはだめなので三分の一くらいでいいです。

などの方法を使ってみても良いでしょう。

グッピーは何回か出産します

以下、グッピーの産卵についての余談になりますので、参考にしてみてください。

グッピーのメスはオスの精子を体内に貯蔵できますので、一回の交尾で何度か出仔を行います。

※貯蔵できる量は個体差があります。

つまり今回の出仔の後にも、ある程度の期間(20~30日程度)を開けて産む可能性が高いということですね。

少し難しいとは思いますが、様子を見ながら産卵箱と水槽での飼育を切り替えるように意識していくとグッピーの飼育は上達していきます。

まとめ 質問をくださる方へ

今回のお返事参考になりましたでしょうか。

質問者さんのグッピー繁殖、上手くいくとよいですね。

やはり大事なことは様子をしっかり見ていくこと。

魚はあまり人間が手を出すと、怖がってしまうこともあるので、少し距離を開けつつ、じっくり見て、経験を積んでいくことがとても大切なのですね。

いろいろと難しいこともあるとは思いますが、がんばってください。

それでは質問ありがとうございました。

当サイトへ質問を下さる皆様へ、以下の記事をまずご一読いただけると幸いです。
>>熱帯魚・観賞魚飼育に関する質問について

 - グッピー