Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

アクアライフ2017年8月号レビュー、日本の淡水魚特集

      2017/08/28

今日はアクアライフ8月号のレビューです。

タイトルは

日本の夏!川魚の夏!

その名の通り日本産の淡水魚特集となっています。

日本産淡水魚の飼育に興味がある人におすすめの号

身近故に飼育情報となると少ない日本産の淡水魚。

だからこそ飼育で悩む人も多いと思います。

日本産と一言で言っても、環境は違いますからね。

流れの緩やかな場所や、急流もあれば、いろいろな環境へと移動する魚もいます。

中には飼育がとても難しい魚も。

だからこそこういう特集はとてもありがたいと思います。

フィールドで出会った魚を、なんとなく飼育するのではなく「自分に飼育できる魚なのか」を考える。

そういう考え方はアクアリストにとってはとても大事なことではないでしょうか?

今月号は飼育知識だけでなく、いろいろな考え方ももつことができる気がします。

野生下でのタライロン

今月号も紹介したくなる記事がたくさんありました。

私が特に嬉しかったのは、野生下でのタライロンの写真。

毎月アマゾン河のリアルな写真を届けてくれる、アマゾン河をのぞいてみたらという連載ですね。

ここに掲載されている若いタライロンが実に可愛いのですね。

強い力を持つ魚として知られているタライロンの、生存のための戦いが見えてくるような写真でした。

外来生物法や天然記念物など

では今日はメインの日本の淡水魚特集からもう少し紹介させていただきましょう。

特に今回見ていただきたいのが37ページ。

ここには外来生物法をはじめ、天然記念物など手を出してはいけない魚について書かれています。

日本には、一般の人が勝手に採取したり飼育したりしてはだめな魚は意外と多いのですね。

少し偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、こういうルールを知ることは飼育者としては大切なことだと私は思います。

ただ、こちらは結構難しい話でもあるので、聞いたことないという方は今回の号をよんで勉強していくのが良いのではないでしょうか。

わかりやすくまとまっていますので、初めて見る資料としてとても良いと思いますよ。

もっと言えば、この記事をきっかけに、飼育や採取を禁止されている魚以外についてもいろいろと考えられると良いかもしれませんね。

次回は9月号

今月号のレビューは少し熱くなってしまいました。

魚を飼育するということについて、いろいろ考えてしまう号でしたね。

さて、来月号は60センチ水槽特集です。

世の中で一番良く見かける水槽、60センチ水槽。

どんな内容になるか、とても楽しみですね。

 - アクアライフ等、書籍・雑誌レビュー